サブイメージ

日本空手道常心門愛知県連とは

心門空手の鍛錬の場は愛知県下に18支部

常心門愛知県連とは 古流・現代日本空手道常心門は、宗家池田奉秀先生がまとめられた幅広い修道体系に則り、技術と精神を鍛錬する空手団体です。
愛知県には県連所属の18の支部があり、老若男女が集い、日々汗を流しています。詳しくは当ホームページの各支部の紹介をご覧ください。

歳からでも始められます

常心門愛知県連とは 常心門の空手はいつでも何歳からでも始められます。空手は生涯武道と言われ年齢に制限はありません。常心門では、小学生からご高齢の方まで、年齢にあった練習法や技術を指導します。

練習は、基本の突き蹴りから始まり、段階的に上達できる級位・段位が設定されており、3ヶ月毎の愛知県連主催の昇段・昇級審査によって習熟度が審査され、合格者が次の段階へと進んでいきます。

常心門愛知県連とは 各道場の指導は、常心門空手に精通した師範を中心に丁寧に指導しますので、空手を全くしたことのない初心者の方でも安心して始められます。

新規会員の募集時期・募集人数、受け入れ可能な年齢、練習時間、入会金、月謝など詳しい条件は、常心門各支部かお問い合わせフォームからお問い合わせください。

性が活躍できる場が用意されています

常心門愛知県連とは 「空手は男の武道」というイメージがありますが、常心門は違います。「女子の形」と呼ばれる女性のために考案された型の体系があり、女性だけの全国大会もあります。このように女性の活躍をサポートするシステムがある空手団体は非常に珍しく、多くの女性空手愛好者が誕生していることが常心門の大きな特徴となっています。

子で空手を始める方が急増中

常心門愛知県連とは 常心門は、年齢を問わず上達の道が開かれているので、ファミリーで空手を始める方が急増しています。家族で空手を始めることで、「家族の会話が増え、距離が近くなった!」「親子で共通の目標を持てたことで子供が明るくなった!」と喜びの声を多数いただいております。 ご自身の健康増進のためにも、子育ての一環としてもご一緒に空手を始めてみてはいかがでしょうか?